看護学部・看護学科
MENU

領域・教員紹介

豊かな人間性を育む人材養成

基礎看護学

基礎看護学では、人間の尊厳や生命・健康の尊重を基軸とした看護の本質を探究し、
看護実践の基盤となる基礎的な理論と技術を学修します。

基礎看護学概論

「看護とは」「人間とは」「健康とは」「環境との関係は」などは、看護師になってからもずっと考え続けなければならないテーマです。基礎看護学概論は、そこへ第一歩を踏み出すための後押しをします。

看護技術総論(基本技術)

基礎看護技術Ⅰ(日常生活援助)

看護に必要な共通技術および患者の日常生活上の援助技術を講義と演習で学んでいきます。具体的には、手洗い・ベッドメーキング・コミュニケーション、車椅子移動・清潔・排泄・食事などの技術の習得をめざします。

基礎看護技術Ⅱ(ヘルスアセスメント)

基礎看護技術Ⅲ(診療援助技術)

ヘルスアセスメントは、問診、視診、触診、聴診、打診等身体的アセスメント、精神・心理的アセスメントに必要な基礎的知識・技術・態度を学び、演習を行う科目です。診療援助技術は、健康障害を持った人々に対する検査、薬物療法、処置において必要とされる基本的な看護技術をシミュレーターや模型を用いて演習を行う科目です。

基礎看護技術Ⅳ(看護過程)

看護の質を高める一つの方法としての看護過程を学習します。看護の対象の健康問題や生活への影響から問題を発見し、看護の介入が必要となる問題を特定し、その問題の解決のために具体的な介入方法を考えます。看護ケアを計画、実施、評価する過程を事例で学びます。

基礎看護学実習Ⅰ・Ⅱ
(早期体験実習・看護過程展開)

基礎看護学実習Ⅰは、医療機関における看護活動の見学および看護への参加体験を通して、療養者の生活の場である病院環境と看護の役割機能に関する理解を深めることをねらいとします。基礎看護学実習Ⅱでは、実際に、患者へ日常生活援助を中心とした看護を提供させて頂き、科学的根拠に基づいた看護過程の展開について学び、基礎看護学として総括となる臨床実習になります。

基礎看護学 教員

kyouin01

基礎看護学・准教授

小倉 邦子
MORE
kyouin02

基礎看護学・准教授

中島 正世
MORE
kaneko

基礎看護学・助教

金子 直美
MORE
kyouin03

基礎看護学・助手

西 法子
MORE

成人看護学

さまざまな健康障害を抱えた成人がその人らしく生き抜く(安らかな死を迎える)ために、協働する看護を探究します。

成人看護学 教員

kyouin05

成人看護学・教授

田村 幸子
MORE
kyouin04

成人看護学・教授

中谷 啓子
MORE
kyouin06

成人看護学・講師

大野 明美
MORE
hashimoto

成人看護学・講師

橋本 真由美
MORE
kyouin08

成人看護学・助手

田代 桂子
MORE
kyouin07

成人看護学・助手

中林 誠
MORE

老年看護学

老年看護学は高齢者の生きてきた歴史を大切にし、実り多い満足な人生を
送っていただく支援を考え、実践する学問です。
高齢者の健康状態の把握から始めて、支援プログラムを諸外国の事例を
取り入れながら、シミュレーションや、ロールプレイによる演習等も交えて、
楽しみながら学習を深めていきます。

老年看護学 教員

kyouin09

老年看護学・教授

三澤 久恵
MORE
kyouin11

老年看護学・講師

畠山 玲子
MORE
kyouin10

老年看護学・助教

坂東 美知代
MORE
kyouin12

老年看護学・助手

佐口 清美
MORE

小児看護学

小児看護学のテーマは『チャイルド・ファースト』
子どもの安全を何よりも優先し、子どもと家族を支援し、
健やかな次世代の育成を図ることです。

小児看護学概論

子どもの看護の基礎となる知識について学びます。

小児看護学活動論Ⅰ

小児看護学活動論Ⅱ

子どもの看護について講義・演習などで学びます。

小児看護学実習Ⅰ

保育園などに行き、健康な子どもの成長発達などを学びます。

小児看護学実習Ⅱ

小児病棟などに行き、子どもの看護の実際を学びます。

小児看護学 教員

kyouin18

小児看護学・講師

川島 雅子
MORE

母性看護学

ここは妊娠・出産や性のことなどについて学ぶ領域です。 リプロダクティブ・ヘルス/ライツの視点から女性とその家族のセルフケア能力や
自己決定を支援する方法について考えていきます。
実習では、妊婦さん、産婦さん、褥婦さん、新生児への援助を
実践しますので実習室ではその練習などを行います。

母性看護学 教員

kyouin13

母性看護学・教授

小林 由美
MORE
kyouin14

母性看護学・助手

青木 真希子
MORE

精神看護学

精神看護学では、統合失調症やうつ病などの精神の病気を抱えた人だけでなく、
こころの健康に関する援助を必要としている人々を対象に、
その人らしく生活できるよう援助することを目指しています。

精神看護学 教員

kyouin15

精神看護学・准教授

寺岡 貴子
MORE
kyouin16

精神看護学・助教

松浦 彰護
MORE

在宅看護学

看護の対象が望む生活の場で、自分らしい生活を営むことを支えられる
「看護職はライフサポーター」の育成を目指します。

在宅看護学 教員

nanba

在宅看護学・教授

難波 貴代
MORE
ishii

在宅看護学・助手

石井 千晶
MORE

公衆衛生看護学

公衆衛生看護学は、住民の皆さんが住みなれた地域で、
健康でいきいきと安心して暮らせることを目指しています。

講義・演習・実習で培う能力

ご家庭を訪問し、ご本人やご家族の意向や生活に応じた保健指導を行います。

ご本人自身が病気の予防や病状のコントロールができるように健康教育を行います。

同じ健康問題(ニーズ)を持つ方々がサポートしあいながら、疾病予防や健康増進に取り組めるように当事者グループを育成・支援します。

ご本人やご家族が疾病予防や健康増進に取り組みやすい環境づくりを推進します。

住民同士のつながりを豊かにし、ささえあいの地域づくりを促進します。

公衆衛生看護学 教員

shibayama

公衆衛生看護学・教授

芝山 江美子
MORE
kyouin17

公衆衛生看護学・准教授

佐藤 美由紀
MORE

看護学部について

実践能力を高める充実のカリキュラム

在学生インタビュー

人の生命に向き合うこと

領域・教員紹介

豊かな人間性を育む人材養成

施設案内

新設した看護医療棟で学生生活をサポート

資料請求

看護学部・看護学科の資料送付のご案内