看護学部・看護学科
MENU

領域・教員紹介

豊かな人間性を育む人材養成

kyouin10

老年看護学・助教

坂東 美知代

メッセージ

認知症は、脳の細胞が壊れる変性疾患で、記憶障害、理解・判断力といった認知機能の低下がおこります。そういった状況下で、認知症高齢者が医療行為(人工呼吸器の装着や胃ろう造設等)の判断をするとき、本人・家族・医療者の意思が混在します。その混在する意思の要素や課題を明らかにし、課題解決に向けた支援策を検討しながら、認知症高齢者がより良い人生が送れるように看護師として貢献します。

研究テーマ

看護師における患者との共感関係に関する研究

認知症高齢者の自己決定に関する研究

認知症高齢者の家族の意思決定に関する研究

認知症高齢者の自己決定における支援策の検討

老年看護学 教員

kyouin09

老年看護学・教授

三澤 久恵
MORE
kyouin11

老年看護学・講師

畠山 玲子
MORE
kyouin10

老年看護学・助教

坂東 美知代
MORE
kyouin12

老年看護学・助手

佐口 清美
MORE

看護学部について

実践能力を高める充実のカリキュラム

在学生インタビュー

人の生命に向き合うこと

領域・教員紹介

豊かな人間性を育む人材養成

施設案内

新設した看護医療棟で学生生活をサポート

資料請求

看護学部・看護学科の資料送付のご案内